薬品を使った美白対策

美白のために効果があるのは、主に食生活による内部からの肌質改善と、日焼け対策による防御、さらに美白成分のある化粧水の利用などです。ですが、一度決定的に肌質を改善させたいと思うのであれば、即効的なのは薬品を利用するという方法もあります。この場合の薬品とは、サプリメントのような栄養分の補充ではなく、きちんと医師に処方される薬を使うというものです。
日本では、「薬事法」によって一般の小売店では販売が禁止されている薬品が規定されています。そのため、美白効果をうたう化粧品には、含有させることができないと定められているのです。一般的に小売店や通信販売で購入することのできる化粧品には、薬事法上で定められる成分が含まれておらず、そのため効き目はゆるやかにおさえられています。
美白のために強い成分を求める場合は、皮膚科など医師の診断を受けて処方箋をもらうことが必要です。皮膚科で処方される薬品は効果が具体的で強いものになります。成分としては「ハイドロキノン」などがあり、アメリカで開発され、FDAで認可された薬品です。
ハイドロキノンは、できてしまったメラニン色素を分解する働きがあります。さらにメラニン色素を生成する酵素を抑制したりします。大変に美肌効果は高いのですが、反面肌への刺激は大変強くなります。使用時には、きちんと肌質に合うものであるかどうかの検査や診断を受けるようにしましょう。通常問題がない場合で合っても、4%程度の濃度で使用することが一般的です。